経営革新計画の承認取得支援

■経営革新計画とは?

経営革新計画とは、中小企業が既存事業とは別に、新事業を立ち上げるべく立案した中期計画です。その「新事業」とは、(1)新商品の開発又は生産、(2)新役務の開発又は提供、(3)商品の新たな生産又は販売の方式の導入、(4)役務の新たな提供の方式の導入その他の新たな事業活動の4つの区分があります。

■承認取得のメリットは?

各都道府県では、中小企業の経営革新計画の承認審査を行っています。承認が得られた企業は下記の支援策を利用することができます。

  1. 政府系金融機関による低利融資制度
  2. 信用保証の特例
  3. 特許関係料金減免制度
  4. 販路開拓コーディネート事業
このほかにも例えば東京都中小企業振興公社が毎年公募する「市場開拓助成金」は、経営革新計画の承認を得ていれば申請資格が与えられます。また、「ものづくり補助金」など一部の補助金では、経営革新計画の承認が審査において有利に扱われることがあります。

■承認を受けるための手続き

都道府県ごとに、所定の書類を提出する必要があります。主に「経営革新計画に係る承認申請書」、「事業計画書」といった書類です。
書式や手続き方法、担当窓口等は、各都道府県がwebサイト等で案内をしております。
申請から承認まで1~2か月程度の時間がかかります。その前段階の準備として申請書類作成等を行う必要がありますので、承認が必要となる時期に間に合うように余裕をもって準備されることをお勧め致します。

■JCGにご相談下さい

城西コンサルタントグループ(JCG)では、経営革新計画の承認支援の経験と実績を有する会員が多くおります。
お気軽にご相談下さい。
また、経営革新計画は、承認取得を手段として実際に貴社が事業を発展させていくために計画を実践されることこそに意義があります。私たちJCGが、計画の作成からPDCA(計画・実行・チェック・アクション)のサイクルを回していかれるためのお手伝いを致します。


このページの先頭へ